Nでときめきメモリアル

画像

久しぶりにNゲージの買い物しましたよ。ええ、いつものようにガラクタばっかりですけどね。
今月、カトーから485系と115系が出ますね。・・・沼津でやりすぎて資金切れですww。買えません。茄子時期までお店にあればねえ。
買い物したのは先週の休みに秋葉原へ出向いてまで買った素材と、通りすがりで買った中古ジャンクの品々です。
いつものように、何の情報にも参考にもならないですが、笑って通り過ぎてやってください。
画像
画像

秋葉原、久しぶりです。いえ、通るのはそんなにご無沙汰ではない。買い物は正月以来か。いや、仕事終わりに孤独のグルメガチャガチャ探しに来たな。先月位にも通って、GM覗いて何も買わずに出たっけ。
なんとなく国鉄73系のキットが欲しくなり、GMのキット最後の生産はいつだろうと思ったら、もうわからない位前っぽいw。しかしいつもの店に中間車だけ残っていたので少なくとも平成に入ってからは作った様子。GMストアでバルクコーナーに73系があったのを見ていたので、買い集めれば作れるかなと出向いた次第。
画像
画像

大宮から京浜東北線で秋葉原まで行き、GMストアーで買い物してまた電車で帰った。本来の目的はさいたま新都心のヨドバシへフィルムの現像に出したかっただけだったりする。GMストアーは客も煩わしければ、店員もろくでもないイメージですが、行ったときは年齢層が上がっていてしかも常識のある店員さんばかりで買い物は気持ちよかった。ずっと、なに系がどうだとかどこ線がこうなったとかやかましい客は相変わらずです。そんな話ここでしなくていいだろ狭いんだから買い物終わったら出てけといつも思うw。
買ってきたのは、クハ79側板前面ランナーとクモハ73屋根床板ランナー各2、クモハ51屋根ランナー、ナロ10屋根ランナー、店オリジナルクハ79アソートセット、ストラクチャーキットのジャンクランナーいくつか他諸々。締めて3000円ちょっと。
画像
画像

ストラクチャーは、これまた懐かしい住宅のランナーがばら売りされてた。商店も同じパーツでしたね。壁ランナー2種と、3棟分の土台と屋根のランナーとで500円ちょっとになってます。単に懐かしいから買いましたw。
島式都会型ホームの屋根も発見、100円。駅員詰所キットの屋根が無くて探してた。超ラッキー。保線区車両ランナーも100円。そういえばこれの塗装済みキットも手をつけてないなw。
画像
画像

後日追って近所の店で見た73系中間車キットを買いに行き、クハ79もひとつあるのを発見、買い占めるw。
これでクハが2、モハとサハが1ずつに、バルク組み合わせでクモハが2つできる。部屋でランナー籠を漁ったらクモハ1両分が出てきた。たぶん、西武401系で組みかけのクハの相方だと思われる。
更に、クモハ51の屋根板はパンタ周りの造形がいつの間にか変わってて、見たこと無いから買ってみたんですが、ジャンク籠からクモハ51未開封まるまるひとつw、クハユニ56が1両分、100円だった屋根だけ無いクモハ51/クハ68キット、側板が2両分で150円だったクハ55/クモハ41ランナーを発掘。廃車にしたのか使用済み屋根板も1枚出てきた。床板や床下機器、グロベンなんかはいくらでもある。さあて、なに作りましょうかねw。
画像
画像

実は73系キットを調達しておきながら、何に仕立てるか決めていません。ちょっと前の鉄道ピクトリアル見ていて、仙石線の黄帯なしもいいなあと思ったのがきっかけだと思います。富山港線にも三段窓の73系がいたと聞いたり、そういえばオレンジ色の旧国作ったことが無いなあと思ってるうちに、各色作ってみようかと思い立ちましたw。しかも悪ふざけで、黄色い旧国も見てみたいとか考え始めちゃったし。アソートキットのラベルにいる黄緑の73系もいい後押しですね。カタログやパッケージのイラスト・写真だどれだけ憧れを煽るか、GMが忘れてしまってから結構経ちます。いや、知ってて放棄してますね。組み立てや塗装のバリエーション、編成内でも同一車種があったら何か作り分けたくなるのは当たり前ですし、イラスト入りでわかりやすく解説してあるだけでももう一組キットを買ってきたくなるものです。写真だって、見たことのない電車を知らないなりにも近づけて作ろうとパッケージ写真を凝視して詳細を見ようとします。それはそれは楽しい時間でしたね。
あれをもう一度!です。ひとまず水色2連とオレンジ4連ですかね。黄緑は仙石線の70系と可部線を組んだことがあるから後回しで。クハ79970の黄緑も欲しいので一体ボディキットの入手を待ちます。
今回何も組み始めていないので完成画像がありませんw。それじゃ寂しいので過去の恥ずかしい作例を並べますねw。
画像
画像

クモハ73は完全に素組みです。一番右は、昔付属していたクモヤ90の前面を使ったもの。その隣が、その頃のクモハ73。.真ん中の現行キットと顔が違いますが、エコノミースペシャルキットで出るときに屋根板をクモユニ等と同じパーツから、曲率の違う深い屋根の物に変わったので妻板が作り直されています。
クハ79970は右からキット組み、グリ完、エンドウ。グリ完から一体ボディキットに移行した長寿モデルですね。「前金車」とだけ銘打たれてクハ・モハ・サハ・クモハでスタイルを揃えたために、いろいろ現車とは違うスタイルの車両ばかりになったのも有名です。小田急1800系も顔を変えて作られました。サハ78の全金車は存在しなかったので、完全な「タイプ」としてカタログに載った第一号のような気もします。クハ79も雨どいがだいぶ違いますね。よく見るとグリ完とエンドウはフロントガラスがちょっとだけはめ込みです。103系もそうでしたね。
画像
画像

初期キットのお顔3種。ヘッドライトが取れちゃってるのは笑っておいてください。結構表情違う物ですね。
奥に見える茶色い103系は、モハ72970のつもりですw。モハ103の方向幕とルーバー取って床板を旧国の付けただけです。この初期キットのクモハ・クハとで鶴見線だと言い張っていますw。
画像
画像

また、このクモユニ屋根には配管の表現が無いので、73系でもランボードと避雷器が付くだけで実にシンプルです。逆にクモヤ前面は配管の付いたタイプしかないので、反対側の顔はこれを削り取らねばなりません。当時、彫刻刀を駆使してがんばりましたよ。
画像
画像

富山港線と可部線。富山港線は一体ボディキット素組み。ライトだけ銀河パーツ付けてます。これ、キット一つだけで済み、単色だし後付パーツはグロベンだけだし、究極のお手軽キットですよねw。
可部線はなぜ作ったのか自分でも思い出せません。ご丁寧にトイレ付けてます。115系あたりのパーツかな。たぶん、黄緑の73系が見たくなったんだと思います。もう2両顔をいじったのを作っていたはずなんですが、見つかりません。どこやっちゃったかな。
画像
画像

トミックスの92067 72・73系基本セットと、カトーのクモヤ90。カトーの80系とどっちが先でしたか、完成品の旧国が出るとは思っていませんでしたね。もちろんなにから何まで新規部品でHG仕様です、お高くて基本セットしか買えなかった。実際73系など走っているのを見た記憶も無く思い入れも無いので、初旧国完成品はどんな物だろうと買っただけになっちゃいました。クモヤはわりと最近ですね。時代の差もあるとは思いますが、三段窓のはめ込みクリアパーツ断面がトミックスのはフチに白濁が見えてしまうのに対して、カトーのは全く表面に現れないのはさすがです。いや、粗悪なガラスを使っていた頃ならそうでもいいかな。
画像
画像

旧客のキットも作りかけが目の前に転がっています。SLをちょっと集めたときに、牽く客車が無いのでキットの箱を開けたはいいけど手が止まったパターンです。ケース欲しさに買った中古のナハ10 900もレストアしてやりたいですね。茶色はもう組んだから青にしようか。
画像
画像

客車キットのセットも作らなくちゃっいましたね。今なぜか塗装済みで出してます。青か茶色だけなら接着してから塗ったほうが手っ取り早いのですが、吹き付け塗装は手を出しにくいんですかね。スプレー缶の供給もおぼつかないしw。
若い頃は区別もつかない旧型客車には興味を持たなかったですが、荷物車郵便車は面白がって作りました。お座敷客車ブームのときにスロフ81系編成も組んだねえ。窓サッシやHゴムだけでなく、明り取り窓とかなぜかモールドだった障子とか塗るの面倒でねww。はつかり編成もセット買って作ったよ。もちろんC61なんて持ってないのにw。白帯のそろった旧客編成もかっこいいもんだと自己満足してケースにしまってありますw。C61を手にしたのはここ何年かのことですよww。
画像

スユ42など見たことも無いですが、キットは作ってますw。明り取り窓面倒くさい系ですね。ダイキャスト床下機器時代ので、片側妻面のテールライト部にはライトレンズ一体の導光パーツが差せるように穴が開いています。レンズを付けることも無く、赤塗料を突っ込んで済ませているのが、若いですねww。珍しくレタリングも入れてるのも、若いな~。
画像
画像

通りがかりのポの字で買ってきたガラクタ。変なレッドアローが笑えます。300円でしたが、NRAちっくな色で塗られてちょっとかっこいいw。これまたダイキャスト床下機器のモデルでフロントガラスも青成型な、かなりの初期モデル。面白がって連れて帰りましたけど、どうしましょうかね?w。でもこういうの好きです。
流電クモハ54キットも500円で拾った。GMのアソート品らしい。そういえば流電キットも最近見ませんね。カトーからも出ちゃったしね。
クハ181は単に懐かしくて。ライトなしと書かれていて、今だと「はあ?」となるのでしょうが、当時ライトユニットはオプションでした。153系、201系、キハ58系もだったかな。
画像
画像

800円という値段がまだつくと言うのもすごいなと思う。持ってる181系はとき仕様に赤帯入れちゃったりしてるので、オリジナルのクハ1つ位持っていたくなった。ケース探したら、まさに412ラベルのがあったww。
画像
画像

103系はトミックスので、いつぞや入手したWINの103系に床板を使う為に。ボディはいらないので、やっすいのを捜し求めていましたが、500円と600円で転がってたので喜んで買った。クハにはクハの床板をと思ったものの、だいぶいじらないと装着できないので、サハを探してた。ひとつ、ウグイスのサハだけが最初期モデルで車体への装着の仕方が違ってそのままでは付かず、余ってたモハ102の床板とでシートとビスを入れ替えて装着できた。黄色のモハ103なんでこんなに安いんだ?と思ったら、屋根が塗り替えてあったからっぽい。パンタも使えて500円は素敵。
WINの方は屋根塗ってやらないとかっこ悪すぎなのでまたばらして仕上げですね。ただモールド欠けっていうレベルじゃないぞ?なところがあるのは、中古絶版品故の諦めポイントですね。
画像

画像

とある、ほにゃららオフでどうでもいいものをw。無料送迎バスに乗ろうと買い物したのに、混んでて乗れなかった悲しい週末でしたw。
トミックスのスハ32.。1250円もしましたが、税込みならそんなもんかな?と。近頃のトミックス旧客を見ていないので、なんとなく。帰って箱から出して、ふうん、でおわりですねww。
画像
画像

350円だった24系25型のほうが笑えます。オシとオハネフ。わりと最終形に近いモデルじゃないかな?室内灯装着ができるようになっていて、台車がカプラー柄の長い14系寝台車やロビーカー以降のと同じになったやつです。
画像
画像

同じ頃のかな?と思ったプラケース入りの同形式と比べても、案外いろいろ違ったりする。特に成型色が目立って違います。ブルートレインに限らず、客車は編成で車両の入れ替えが頻繁なので、これくらいの差があっても良いんじゃないですかね。
一緒にいるマッチボックスのミニカーはロールスロイスのいかにもクラシックカーなの。私の初カラー写真が確か豊島園でこんな形の遊具に乗って祖父ちゃんに抱きかかえられながらハンドル回す姿で、どうにも変な懐かしさを覚えるんですよww。豊島園にまだあるかな?ないだろうなあww
画像
画像

ずいぶん古い物らしいですが、プレミアものというほどの物でもないようです。ダイキャストのパーツを組み合わせたミニカーってときめきます。トミカに今これ作らせたらプラスチックだらけでしょうね。
そんなNゲージこれくしょんです。月末の休みまで出かける休日は無いので、ちょっとはキットを作って遊べるといいですねえ。
画像

この記事へのコメント

3Dプリンター(塗装仕上げ機能付)プリーズ
2018年05月26日 22:27
ここで、GMのキットを気ままに作って並べてはるのを見ていますとなんだか癒されますわ。
73系はバラエティーに富んでいるので、もっと種類出して欲しいですわ。単色が多くて作りやすいですし。クモハ600番台、クハ300番台、アルミサッシアコモ改善車、御殿場線にいた全金試作型とか欲しいです。売れないでしょうけど。
2018年06月06日 10:09
とんでもなく遅くなってごめんなさい。
今どきの風潮についていけなくて、好き勝手やってるだけになってますけどもw。
いろんなタイプを作りたくて、それができるのもバリエーションキットの強みだったのですが、とにかく商売にならなければ売り続けることもできないので、出てもえらくお高いとか数が少ないとかになってしまうのでしょう。
旧国は従前キットへの寄生パーツでもいろいろ楽しめそうなんですが、やっぱり出ませんねえ。

この記事へのトラックバック