Pの小屋 Blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 念願の向瀧に独りで行ってきた 3

<<   作成日時 : 2017/05/10 22:00   >>

ナイス ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

<会津 東山温泉の旅館 向瀧でふやけて満腹になったつづきです>
満腹で暫しぼさーっとして、酔い覚ましに風呂へ。
こんどは、きつね湯に行ってみる。
源泉により近くて熱めのお湯とのことで、覚悟していきましたが本当に熱いww。ややひりひりする熱さ。暫く浸かってみましたが、さすがに長湯など出来ずすぐに上がったww。かなり暖まりますし、酒も抜けましたねw。ただちょっと落ち着くのとは違うので、部屋へ通りすがりの家族風呂へ。
画像
画像

貸し切り家族風呂というのが3つあります。旅館のお風呂としては狭い浴室が3つ有り、空いていればいつでも入れる。入ったら施錠できるのでお湯は独占できます。きつね湯もここでも誰とも会わない。
ここのお湯は温めなので、いくらでもゆっくりできる。さっき暖まってるからwここではただお湯に浸かってる感じ。家の風呂よりはちょっと広いかどうかと言う小さな湯船でのんびり浸かる。
いいわー、これをしに来たんだわ〜。
画像
画像

好きなだけふやけて、部屋に戻る。
たまに旅館の方が廊下を通るが、お客らしき気配はない。本当に俺しかいないのだろうか。
画像

まだ8時過ぎです。スマホいじったり、カメラのレンズ拭いたりしてた。
外の川の音くらいしか聞こえない静かな部屋で、布団に寝転がって天井見ているうちに、さすがに歩き疲れたのを思い出して眠くなる。
もったいないけど、休息をしに来たんだからと、そのまま寝た。
画像

疲れと心地よいお布団、そして温泉に満腹でかなり寝た気がする。
4時頃、ふと起きた。当たり前だが真っ暗で静が。耳を澄ますと川の音だけが聞こえる。素敵すぎる。
そして迷わず風呂へww
画像
画像

足音はもちろん、部屋の鍵を閉める音すら響くので、静かに抜き足差し足で広いさるの湯へ。
やはり誰もいない。そりゃあもう、存分にふやけておいた。ここのお湯は本当に素敵で、とりあえずお肌はすべすべです。まじで。疲れもとれるきがするし、当然暖まるし、なんどでも入りたくなる。
スリッパで音を出さずに木の床の廊下を歩くのはなかなかに難しく、静かに部屋へ戻ってまたお布団へ。なんという天国www
画像

朝は7時頃目が覚めた気がする。朝食は8時としておいたような気がする。
建物は古いけどトイレや洗面所は今風の設備になっているので快適。時間どおりに朝食が運ばれてきた。
旅の朝は、普段朝食など全くとらないのに、旅館やホテルの飯はがっつり食べられるから不思議です。高校生くらいまで朝はパンだったので、いちど母に頼んでご飯を出してもらったのですが、胃が起きてくれなくてほとんど食べられなかったんですね。旅では食えるから不思議です。
こんなに?と思うほどお皿が並びますが、またお櫃の中までたいらげました。いやー、しあわせ。
画像
画像

チェックアウト10時近くまで居ようと思っていたものの、支度をしていたら9時には準備が出来てしまい、出発する。
フロントでは女将さんが挨拶に出ていた。この時初めて私以外のお客さんを目撃。老夫婦らしいが旦那がなにやら文句を言っているらしく奥さんがそれを言いに来ているという、見たくもない醜い光景を尻目にチェックアウト。何に文句を付けているんだろうか・・・。向瀧クリアファイルと、ここの日本酒ストラップなど買って帰るw
前もそうだったが、女将さん他の方が玄関先まで出てきて、見えなくなるまで手を振ってくださる。庶民の私はえらく恐縮するw。と同時に、夢に時間が終わってしまった余韻でしみじみする。
画像
画像

川の向こうに見える向瀧が自分の泊まった部屋。外は何も見えないけど、どのお風呂に行くにもすぐで、それはそれで選ぶ理由のあるお部屋だと思う。ひたすら風呂が目的とか、足や腰のつらい方にはお勧めできる。
歩いてすぐ、ハイカラさんのバス停。観光案内所併設でトイレもある。9時半過ぎのバスがあるので、それを待つ。
画像
画像

来たときには結構待ち人がいたのに、直前に「あかべぇ」バスが出ていってみんな乗って行ってしまった。そのあかべぇとは逆回りのハイカラさんに乗って10時前に会津若松駅着。天気はどんよりでひと気がすくなく寂しい。
合図若松駅を昼前あたりに出るつもりだったので時間はある。とりあえずATMを探す。調子に乗ってお金使いすぎたww。
ところが、駅前に銀行が見あたらない。そういえば街の中心は七日町駅の方だと何かで見た気がする。コンビニでも良いんだよな、とふらふら歩くも見あたらない。見つけたのはラーメン二郎だけww。何が悲しくて会津まで来て二郎食わなきゃならんのだ。もちろんまだやってないけどw。スマホ使ってコンビニを見つけた。参考までに、駅を出て路線バス乗り場の先に会津バスターミナルというのが見えます。それを突き抜けた先にセブンイレブンがあり、それが多分駅最寄りのコンビニです。
画像
画像

駅に戻り、まず駅弁を調達。平日の朝だし期待しなかったものの、思ったより種類がある。なかから、決めていた「会津蔵出弁当」てのを買う。1200円也。プラ製と思える二段の容器なんですが、これがまた会津塗だという。そこに興味を持って買ってみた。隣のお土産屋でも買い物をして、飲み物をちょっと買い込んだら荷物がズシッと重くなった。
画像
画像

駅前はなーんにもなくて、貨物駅しか見えないので改札を入って電車を見て過ごす。次の会津鉄道は10:48発会津田島行き。予定より二本も早いけど、それでいいかと。11時に磐越西線の快速あがの新潟行きが来るらしい。それに乗ってもみたいですねぇ。
今や珍しくなってきたキハ40系とか眺めて、11時前に会津若松駅を離脱。
画像
画像

発車ぎりぎりまでホームを行ったり来たりして電車見ていたので、座れたのはドア横のロングシートのとこだった。そういえば会津鉄道の車内でWi-Fiが使えるとか見ましたが、最後までつながりませんでしたねえww。設定よくわからなかったです。
で、帰りの寄り道ですが、とりあえずラーメン食っておきます。なので会津若松駅の立ち食いそばはパスした。買った駅弁もまだキープ。
11時過ぎ、芦の牧温泉駅で下車。降りたのは私だけ。猫の駅長さんがいるはずですが、特に出迎えもないw。
画像
画像

ここは何度目かになりますけど、列車で降りたのは初めて。駅長さんは見えませんが駅員さんの女性はホームで待ちかまえている。フリーパスを見せると、検印を押させてくれと言う。そして駅を出ていつものラーメン屋へ。
画像
画像

牛乳屋食堂。ここも3度目ですが、なぜか雪のある時期です。昼時にかかるし、混んでいたら空くまで待とうとしましたが、なんだか空いている。そのまま突入。大テーブル席の隅っこで大荷物を足下に押し込んで座ったw。
画像
画像

どうしてですかね、いつもチャーシューメンを頼んでしまいます。そしてミニソースカツ丼のセット。ほかにもいろいろあるんですけどねww。
他のお客さんは常連ばかりの様子。12時も近いので、混みだす前にさくっと食べて出た。なんだか安心して食べられるラーメンです。喜多方ラーメンとはまた違う、会津ラーメンになるみたいですね。間違っても二郎ではないw。
画像
画像

駅に戻って、荷物を置いてちょっと買い物を。駅の係員さんはさっき私が降りたのを知っているので戻ってきたのをみて「空いてました?」ときた。牛乳屋さんに行って来たのがわかっちゃうらしいw。AT500形の箱に入ったラスクと、入場券をいくつか買う。ラスクはこの前にAIZUマウント色のを買ったので、今回はさっき乗ってきた変なラッピングのデザインのを。入場券は硬券のと、木製のと。硬券は自分で日付と鋏を入れる。日付はダッチングマシンをドン!と目の前に置かれるw。木製のはカラー写真のプリントされた板。
時間は余るだろうから、カフェ風の待合室で茶でもしてようかと思っていたんですけどね、思ったより時間の過ぎるのは早かった。
そういえば、猫駅長をほとんど見ませんでした。丸まって寝てた。ツイッターでは毎日列車のお出迎えや散歩をする様子を見てはいましたが、まあどのみち撮影不可、もちろんだっこ不可なので起きていても見るだけですね。駅横の元キハ30も、毎度中に入れません。
画像
画像

12時過ぎの列車で芦の牧温泉駅を離脱します。当初の予定では、この2本後の列車で来て、15時頃のAIZUマウントエクスプレスで帰るつもりでした。随分と早まっちゃいましたから、どこかでもう一カ所寄り道を企みます。
さっき乗ってきたのと同じ模様のディーゼルカーで、空いているのでボックス席に座っていられる。
湯野上温泉駅も素敵ですがいちど車で来たからまた今度で通過。13時前に会津田島駅着。接続の新栃木行きの乗り換えます。
画像
画像

接続時間は10分程度ある。改札は出ずに、測線にいるトロッコ列車見たりしてから6050系に乗り換え、ホームの除雪をする風景を見ながら発車を待つ。車内は私だけ。
会津若松行きAIZUマウントエクスプレスと入れ替えで13時過ぎ、普通新栃木行き発車。
すぐに車掌さんの検札がある。フリーパスにまた検印が増えるw
さて、どうしよう、どこに寄り道しますか。そうですね、来るときに寄りたいと思っていた駅がありましたね。何があるのか調べたりしていませんが、行き当たりばったりも良いじゃないですか。
おっと、文字数制限が来たようです。ゴールまであと少しですが、もう一回だけ続きます。
画像



画像


amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【会津塗】 漆ガラス工芸 清酒グラスペア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
念願の向瀧に独りで行ってきた 3 Pの小屋 Blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる