仕事の日の飯 ラーメン4 普通のラーメン2

画像

夜になると寒いですね。手がかじかんでキーボードすら億劫になります。
そんな寒い時はラーメンが良いですよね。そんな何でも無いラーメン食べた日記2です。
ラーメンに限らずそばでもそうなんですが、麺を食べちゃったあとにネギすくって汁飲むのが好きなんですが、そんなの私だけでしょうかw。それも小口切りの長ネギに限ります。出てきたときには気になりませんが、具や麺がなくなった汁だけの器を見て「うわ、ネギ無いよ」と思うちょっとした失望感w。立ち食いそば屋で「ネギ抜きで」とか言ってるの聞くと嫌いなのでしょうけれども、わかってないなこいつとか思っちゃいますww。
もちろん私にも嫌いな食べ物はあるので言えませんが、ここでは私のターンのみなので言いたい放題言わせて頂きますw。あくまで私個人の感想です、それを「こいつあほだなー」と笑って読んで頂くのが正しい用法でございます。
では最初はちょっと切ない、普通のラーメンから。10月下旬の話です。
画像
画像

大宮駅で橙帯の209系が見られた頃、午前中広尾、午後群馬県太田から指扇へ。太田の交通をなめた野郎のおかげで時間が全く足りず、指扇の客先に18:30がりミットなのに太田には15時着がやっと。どうすんの、これ?とか思いながらバス停まで1.5キロほど歩いてたらアルシオーネが通り過ぎて、さすがSUBARUのお膝元だと。熊谷に勤務していてもスバル車多いなと思ってましたからね。
画像
画像

バス2本乗り次ぎの太田駅から特急りょうもうは乗換時間が危険なので、熊谷へバスで出た。ナビタイムでの検索だと熊谷駅で乗り換え時間が9分しかなく、バスが時間どおりに着いてくれるのは珍しいことなので諦めてはいたが、やっぱり高崎線に乗れなかったw。次のだと10分ほど遅れるのが確定、新幹線も来ない。
10分遅れてごめんなさいするか考えたが、交通費高くつくけど知ったこっちゃないやと、宮原駅で電車降りてタクシーでショートカット。10分ほどで着いてくれる運転手さんのファインプレーで18時過ぎに指扇駅。早足で客先に向かう途中、小径の先にラーメン・定食とその駐車場の行灯が灯ってて、全く通ったことななかった道だけに興味を持つ。帰りに寄ろうかなと。
画像
画像

訪問先は歩いて3分くらいのところで、10分くらいでその駐車場に戻ってきた。真っ暗だけど指定された番号を探して車を置いた。指扇駅から地元の人が歩いて通る道すがらに黄色く宝来軒と灯る看板にサンプルの並ぶショーケースが目映い。良い感じすぎる。
入ると賑やかで、ゴルフ帰りと思われる人々が2組15人くらい盛り上がってた。挟まれるようにテーブルが空いてるが、カウンターに着こうとしたら「荷物置いちゃってるからテーブルへどうぞ」と促される。確かにお客の荷物が置いてあるw。
壁一面の品書きに圧倒される。いいとこ見つけちゃったんじゃないか?と思ったが、閉店のお知らせという掲示も見える。店主高齢のため、とあった。あと5日ほどで閉店。急に切なくなる。
画像
画像

お母さん二人が配膳と下ごしらえ、奥で誰かが調理してる。これだけのメニューを作れるってすごいのに、もったいないけど跡継ぎいないのでしょう。こういうお店に入って若い店員さんを見たことないですからね。お手伝いですら。
最初で最後になるのならと、チャーシューメンと餃子を頼んだ。餃子が430円とやや高めです。気にしちゃいけない。
さすがに出てくるのは早かった。さすが熟練の技w。閉店前で品切れメニューも結構あるけど、二組のゴルフ組はそれらを食べ尽くすかのようにいろいろ頼むww。良いことでしょう。お名残宴会でもあるのかもしれない。
チャーシューメンも餃子もおいしく頂く。特徴はない。ナルトとサヤエンドウがまた普通で良い。おいしい、それだけ。汁に浮かぶネギをレンゲですくって飲み、お水を飲み干すまでが定石ですw。
何年やってらしたのかはわからないが、お疲れ様でしたと勝手に思いながらお店を出た。賑やかな笑い声が聞こえるのがまた寂しい。やってるうちに寄れたのは良かったかな。
画像

画像

ちょっと戻って7月の話。東武野田線野田市駅。絶賛高架化工事中で、今はもうだいぶ様変わりしているはずです。
日曜日だったかな、朝横浜駅に行って社に戻ってからすぐに向かったんだと思う。13時頃に着いて、行き先からの連絡があるはずなのに無いというので待機した。んじゃあ、飯でも食うかと近くにあった中華屋へ。志津って言うお店。まさに駅前にある。
画像
画像

かなり古い建物が沢山残る駅前でもちょっとだけ新しめなお店。間違いなく昭和の頃のと思われる周辺地図にはこの店は無い。かなりみっちりお店の描かれた地図ですが、今や面影も薄め。変わらないのはキッコーマンの工場でしょうか。高架化で駅前バス乗り場付近も再開発されるでしょうね。
入ると日曜の昼下がりだけにお客がそこそこいて、だいぶゆるい空気w。テレビで高校野球やってた気がする。
ちょっと小洒落た雰囲気で、厨房に人の多いのが印象に残る。席は多めに思うので、ピークは良い感じに忙しいのかもしれない。
画像
画像

テーブルに着くとスポーツ報知と灰皿が置いてありw、麦茶が出される。いいねいいね。メニューは喫茶店風。開く前に表紙のキッコーマンもろみラーメンが嫌でも目に入る。これは行くしかないじゃ無いかww。いくらか忘れたが、プラスいくらかのセットで半炒飯とコロッケが付くので、それにした。さほど待たずに出てきて驚いた。
もろみってなんだっけ?と思いながら頼んだのですがw、ああと思いながらラーメン食べた。もろみ味噌的な、味噌じゃないけどそんな風味がめっちゃ強いスープ。もろみのつぶつぶは見当たらない。さすがキッコーマンのお膝元です。冗談抜きで、駅降りると醤油の匂いましますからね。銚子とで醤油で有名な街です。
炒飯もちゃんとしてて、金のレンゲが食べやすくていい。コロッケも良かった。キャベツの千切り付き。また来よう。
店を出ても連絡は無く、1時間に1本のバスを見計らい、キッコーマンもの知りしょうゆ館に向かう小学生を見ながらアイス食って暫し待ち、見切りでバス乗ったら連絡が来た。車で戻ってから柏に車で行って、また野田線に乗って帰って直帰した。
画像

画像

9月。某日産系の会社へ車を置いて帰る。来るのは初めてじゃ無く、前はバスが見当たらず時間調整もあって茅ヶ崎駅まで一時間以上かけて歩いたのですが、今はナビタイムをフルで使う人になったのでバス路線も探せる。しかしこの茅ヶ崎から向かうのは高崎なのでここでなにか食っておきたい。11時頃だしどこかやってるだろうと、バス停に歩きながらスマホでお店を探す。
画像
画像

バス通りに出たところに、大衆中華 山水って言う店を発見。暖簾も出てるしちょうどいいやと入ってみた。
細長い建物だけに店内も細長い。テーブルに数人お客がいた。カウンターの一番隅に座る。小綺麗で良い感じ。お店の人はわりと若い。いいじゃないですか。入口にもあったけど、推しはスーラータンメンとタンメンらしい。あまり見回さずにタンメンを頼んだ。
そこそこの時間で出てくる間にもお客さんはどんどんやって来る。タンメン、実に実直なタンメン。うまかったねえ。うまかったんですが、同じカウンターのおっさんが頼んでた韮玉定食がすっげえうまそうだったww。今度はあれにしようと思ったw。タンメンも間違いなくおいしいよ。
画像
画像

バスで茅ヶ崎駅に出て、自腹でグリーン券買って上野東京ラインでゆらり。12:20頃に乗って高崎に15時過ぎ。呆れたことに、匂いにつられてホームの立ち食いそば屋でちくわ天そば食ってますww。
まだ乗り換えがあって、井野駅で下車。客先まで30分ほどの散歩。途中にあった割烹かな?もうやっていないようですが、その名も居座古座。よくもまあそんな名前を付けたもんだと思います。
画像

画像

越谷。東武線はあんまり興味が向かないからか、電車の写真撮ってないw。午前中の西武線はあるのにww。
バスで降り立って、次は南浦和でこの日は終わるはずなので昼飯にしたい。とは言っても既に17時前です。越谷で飯食うの珍しいかも。富士そばも松屋もつまんないよなあ、と見回し高架下にラーメン屋を見つけた。
らーめん亭壱柳 越谷駅前店、とある。やや危険な香りがするものの、たまには失敗があっても良いじゃ無いかの精神で暖簾をくぐる。客はひとり居た。お決まりの酒飲んでるおっさんww。
どことなく和風テイストの店内に、越谷らしい無愛想なおばちゃんが水持ってくる。これは冒険すべきでは無いと思い、チャーシューメンと餃子を頼む。ラーメン屋ではチャーシューメン、立ち食いそば屋では天玉そばが様子見のメニューになってしまいます。
画像
画像

実に普通のチャーシューメンと餃子が出てきました。普通に食えた。悪くない。お客はポツポツとやって来る。無愛想なおばちゃんは17時までで帰り、入れ替わりにお姐さんがきて、ちょっと雰囲気良くなったww。
越谷でラーメンと言えば駅東口高架下に、改札出て右手、駅出てラーメン屋とは反対左側にあるガーヤちゃんの蔵屋敷とかいう越谷土産のお店があります。Nゲージレイアウトとかあったりしますが、それよりもなぜか金ちゃんラーメン売ってるのが不思議です。沼津で見なかったとんこつや、辛いのも売ってた。
画像
画像

ちょっと時間が戻って6月の横浜線成瀬駅。北越谷から向かって来て、日比谷線直通各駅停車で北千住、半蔵門線直通の各駅で田園都市線長津田へ。東急の8500系にいい加減嫌気がさしていますw。横浜線に乗り換えて成瀬駅に13時過ぎに着いた。しかし待ち合わせは16時。3時間も何してましょうかw。
で、飯屋を探すわけですが、このとき冷やし中華が食べたくて、その店を探しだす。しかしやはり、時間が中途半端すぎてやってる店が見つからない。もう電車乗って別の駅に移動しようかと思うくらい。
画像
画像

ぐるっと歩いて駅に戻ろうかというところのビルに、よくある怪しげな中華料理屋があった。いかにも中国人が開いたような、赤地に黄色い文字で看板に満州食府って書いてある。コンビニの居抜きに出現する、馬鹿に安くて大盛りな店に近い雰囲気。福の字が逆さまに書いてありそうなw。でも、長いことやっていそうな感じでもある。
店先の立て看板に週替わり定食や日替わりランチと一緒に冷やし中華があった。こういうお店入ったことないから、興味本位で行ってみた。
やっぱり中国風訛りの感じるおばさんがやってた。暗めな、飲み屋みたいな店内。客は隣のテーブルにおばちゃんがひとり。冷やしを食いに来たので、そのメニューだけ見る。しょうゆ、ゴマ、黒ごま、ピリ辛四川風と4種類も有り、しょうゆは780円、他が880円。で前菜、デザート、春巻きかチャーハン付き。大判振る舞いですなw。しょうゆにした。
画像
画像

ガラスの皿も涼しげなのが出てきた。トマトは乱暴な気もしますが、悪くはなかった。チャーハンは茶碗に盛られて食いにくいw。前菜という名のサラダはおまけ、デザートの杏仁豆腐は味が濃くておいしいけど、口に味が残るw。
決して何も悪くはないのに、満足度が中途半端に感じるのはなぜなのでしょうねえ。
店を出てもまだ一時間あり、ドトールで時間潰した。
画像
画像

電車の画像が全然出てこなくなりましたがw、いつも行くところばかりの日常すぎて、撮ってないんですww。次もそう。
川口。車を届けに行って時間が余り、スマホで飯屋探しててたまたま行った。駐車場があったからw。違う方向から来たので、あとになるまで気がつきませんでしたが、ポポンデッタ川口のあったイオンにほど近い。真っ赤なテントが目立つ、その名も中華料理 銀龍。かっこいいですね。間口はそんなに広くなく、中の様子もあまり見えてこない。でも車駐めちゃったし、入るしかないですね。
奥行きはそこそこあり、カウンターも長い。店守はおじさんとおばさん、先客はカウンターに二人と、テーブルに保険屋らしき人w。
このときは、どうにもチャーハンが食べたかった。なので、チャーハンは固定。なぜかおばさんに、チャーシューメンとチャーハンと口走っていたw。
画像
画像

保険屋との話で主人らしきおじさんも現れて、あとから来たお客のも併せて三人が無言のまま切る、鍋を振る、麺を盛るとあれよあれといろんなものが出来あがる。テーブルの客と話していたおばさんも、会話で笑いながら歩いて、出来た料理を運ぶ。いいね、好きだわこういうの。
チャーシューメンが先に出てきて、冷めて伸びるのももったいないのですぐに食べる。なんか良いですよ、盛り付けが雑なようで、チャーシューメンだよ!と訴えるかのような盛り。ネギいっぱいで嬉しい。ちょっと食べたところで、炒飯も来た。ことらは地味め。油多くて香ばしい。すげえ満腹になったwww。
お店を出てもまだ時間が早く、コンビニ駐車場でスマホ充電しながら時間を待った。車を置いてダッシュでバス停に行き、蕨駅から京浜東北線で東京駅へ。17時~18時の待ち合わせで17時ギリギリ八重洲口に着いた。しかし客は現れず、連絡しようにも運転しているはずだから電話に出るわけがないw。結局6時になって現れた。1時間東京駅の日が落ちるのを見てましたよww。
画像

ラーメン、思いのほか食ってて、まだありますw。あと2回分くらいあるなあ。適当に続けます。
最後におまけで、家の近くの中華屋。ラーメンと炒飯のセットがわりと満足度高いw。焼売付きだよw。
画像

画像
次はちょっと遠くの土地での飯の話にしましょうか。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 8

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント