Pの小屋 Blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS なぜ今これを買った?な、Nゲージ無駄遣い

<<   作成日時 : 2018/08/08 17:41   >>

ナイス ブログ気持玉 13 / トラックバック 0 / コメント 2

画像

台風接近の休日真っ昼間、涼しいので一気に書き上げましょう。
Nゲージ、新製品は休むまもなくで続けますが、まあ欲しいからと全部買えるわけでもなく、またすぐ売切れてしまうものとメーカーに在庫が暫く残る物とで判別が出来るでもないので、ひとまず見かけたら買っておきたくなるものが出てきてしまうと、数秒考えた後に買ってしまいますね。もちろん、お財布にあればですよ。
今月は小粒な新製品を2点と、古い新品をひとつ、中古ものは2件です。
画像

カトー 3061-3 EF65 1118 レインボー塗装機。14系スーパーエクスプレスレインボーの再生産と同時発売でしたかね。なぜいまさらレインボーをリニューアル発売したのかはよくわかりませんが、悪いことでないはないので素直に喜んでおく。ちょっと前までメーカーのカトーに旧製品の在庫があり、ホビーセンターのショウウィンドウにも居た気がしますから、もしかしたら特価品でワゴンに並ぶかもしれませんよ。
画像

EF65のレインボー機はEF81共々昔から発売されていますが、人気あるらしくモデルの改良に伴って都度生産されているようです。EF81もカトーのはカシオペアクルーズのセットで再発売されていますね。欲しいけどな〜、ほかにも欲しいのあるしなぁ。セットではきついですが単品ならとPFの方だけ買った。
前期形だった1019からデザインを引き継いだ1118がプロトタイプなので、持ってた従来モデルとも違うし、PF好きだし、カトー好きだしという妙な理由です。なにせ、スーパーエクスプレスレインボー持ってませんからね。買うのに理由が要るんですよ、O型はねw。
画像

持ってるレインボーPFは2つ、前期形ボディの3019-1と、ホビーセンターカトーで大昔に買った3011のオリジナル色替えモデル。どちらもEF70の動力を流用したロングボディwですね。
1118は当然現行仕様の構成で、この前買ってきたブルートレイン機とお揃いです。トミックス的に言うと1100番台wがプロトタイプですから、1019と並べて違いを見てニヤ付くのが良いですね。
他の特徴はカトーのサイトに出ていますからここでは省きますが、側面のEF65ロゴが採光窓部にまでかかって印刷してあるのが、塗料の発色の良さもあって目立ってて素敵です。運転室用クーラーのパーツも入ってますが、まだ付けていません。現車では灰色Hゴムや、側面窓のロゴ被りの無い時代もあったそうで、窓ガラスパーツの交換だけで再現できそうですから、妄想も楽しいモデルです。
このホビーセンターオリジナルモデルをこの前自分の物以外で久しぶりにヤフオクで見ました。ジャンクひと山の中にいましたが、量が多すぎて値段もお高くて手が出ませんでした。もう一つ欲しいわけではなく、ケースがどの頃の課が知りたいのです。銀地に青文字のラベルだった気がするんですが・・・覚えていません。パンタはPS22だったはずです。
画像
画像

カトー 4870-1 クモユニ147 飯田線。119系と一緒に出ましたが、資金不足でこれだけ。
飯田線シリーズ、マジでここまでやりますかとw。冷房化や両運車、クモハ123まで広げるのだろうか。私は213系を待ってるんですけどねw。
このクモユニ147も、マイナーなわりにあちこちで模型化される車両ですよね。飯田線で走った期間は案外短いはずで、123系になってもそう長生きではなかったと思います。身延線用のクモユニ143と同時の製造ですが、抑即ブレーキを付けたかったからか新製ではなく101系からの改造車で、スカートも無いのでクモユニ143に比べると安っぽいイメージを持ったものですが、車体は143と同じながら雨どいが119系に揃えて位置が高く、それももちろんちゃんとモデルに反映しています。
一緒に写っているのはカトークモニ143飯田線色、GMクモハ123+どこかのクモユニ143コンバージョンキット、WINのクモユニ143飯田線色です。鉄コレもありますがクモユニ143と並べても、これは雨どい位置の変化は付けてあるのかイマイチわかんないです。
画像
画像

カトーのは心配事の無いかとーのもでるです。他のクモユニもでしたが屋根板が車端で浮き気味なのが気になるかな。奥行きの深い荷物室ドアの引っ込んだ部分にまで帯が廻ってるのがすげえと思った。
ジャンパ栓だけが添付パーツ後付けで、これが難儀しましたね。もちろんホースの付いた方を付けたかったんですが、どう付くのかが図解でもさっぱりわからずに2個とも弾き飛ばしましてw、ホース無しがやっとこさっとこ付きました。Assyパーツ買ってきたいですねえ。
画像
画像

カトー 13001-3 西武E851。は?とお思いでしょうw。前回に未取付だったナンバープレートを付けまくりました。で、調べなきゃいいのに最新ロットのは何か変わってるのかな、などとKATOのサイト他を見てみると、少なくともライトユニットが替わっている事がわかります。電球色LEDになっているらしいが、その前はなんだったのかとw。たぶんただのLEDです。いつもの模型屋に在庫があるのを見ていたのでそのうち買ってやろうと思ったものですが、レインボーを買ったときにこれとで丁度1万円だな等と言う悪魔が脳内に現れましてね。気がついたら買ってました。まあ、マイチェンE851モデルはこれでまだ3つめだし、現車は4両だったし問題は無いよね。
画像
画像

買って帰って、ケースに見えるナンバーのインレタから何だか違うのがわかります。薄青のベースにメタリッキーな文字で、台紙が明らかに小さい。旧モデルのは見慣れたサイズの白い台紙に銀というよりグレーの文字で、取り説と一緒にウレタンの下に入っているのに、現行品はわざわざ見えるように機関車と一緒に表側にいる。ウレタンの下敷きの形状の違いと、蓋側の保護シートがビニールフィルムから塩ビシートになってるのは他の製品と同じかな。
説明書も別紙なのは同じだけど、添付オプションカプラーがKATOカプラーからナックルカプラーに変更になっていることから図解の変化があって、裏側のAssyパーツ一覧はガラッと変わってる。
画像
画像

様式が変わるのは発売時期の違いから変わっても不思議ではないですね。Assyパーツの品番を見比べると、現行品にはZやDが追加されている程度で同じパーツらしいのですが、ライトユニットだけは明らかに違う品番に変わっています。画像は区別つきませんが3017-1Gから13001Gへ、専用品らしい番号になってます。あとトラクションタイヤがEF70用のものからφ6×1に変わっていますが、大したことじゃないですねw。
ライトの色は確かに違います。黄色いより白いほうが確かにリアルですね。他に変化は無い様で、微妙な色合いは仕方ないし、技術の進歩でしょうか手摺の白印刷とかはくっきりして見えますけど並べないとわかんないんじゃないでしょうか。
並べた画像の、手すりや避雷器の付いていないのが現行品、付いているのが従来品です。ナンバーレタリングもまだ付けていません。まだ入手していないセメント列車セットのレタリングがやはりE851・852らしいので、それを使いたいと思ってます。たぶん、旧モデルのE854をはがして避雷器を替えて852を貼り、今回のモデルを新レタリングでE854に、セメント列車セットのを851にするでしょう。そのセットも入手は難しくなさそうです。安いのを気長に探します。もちろん、条件はレタリングシートが生きていることです。
お店でE851を買うにあたり、現時点での最終ロットを見分けるには青いレタリングシートが見えるものを、というのが一つの判断材料に出来そうですが、そんなことを知らずにAssyパーツで買ったレタリングがこの新仕様だった気がするので、中古だと参考程度にしかならないと思います。
画像
画像

トミックス 92301 国鉄100系東海道・山陽新幹線。
ヤフオクで見かけて、まあどうせ買えないだろうけど追ってみようかと、終了2日前に開始価格の9500円を入札。そのまま落ちた。あまりのあっけなさに、もしかして今もっと安いのか?と、やっちゃったかな?とかちょっと慌てたw。まあ、出物が少ないので比較しようにもわからないんですがww。オークションタイトルに品番も「試作車」の文字も無かったからでしょうか。私が見たことがあるものだと最低でも2万円してましたけどねぇ。まあ、私はこれは安い方だと思うので、良しとします。
画像
画像

青い紙ケースからもわかるとおり、かなり古いモデルです。国鉄がJRになった頃には既に絶版モデルとして名を馳せていましたからね。Nゲージの新幹線といえば学研、エンドウが0系をつくっていて、東北新幹線の開業でトミックスとカトーも200系で参戦したんだっけな?トミックスは連結麺の可動式密着幌とフック形カプラーが特徴でしたが、その仕様でつくられた100系で、試作車が出てすぐ作ったのでそのモデルになっています。
そんな時代のモデルなのに封入の説明書と外側の紙ケースまで松坂屋の値札付きで残り、中身もきれいです。
画像
画像
画像

7両セットなのはたぶんケースに入りきる数なのでしょう。当時増結車は発売されませんでした。当然、二階建て車2両は外せず、先頭車とパンタつき中間車が2両ずつ、P無し中間車が1両で7両。200系同様、可動式の幌のおかげで車端ドアに窓ガラスがなく、動力がスプリングウォーム式でライトは当然白熱電球。
なんと言っても試作車の小窓と、二階建て車のNSマークが特徴です。先頭車のライトがやや釣り目なのも試作車ならではで、それらもちゃんと表現してある。ところが量産車は窓が大きくなって印象が大きく変わってしまいます。暫くしてその量産車も発売されますが、どうやらこの試作車モデルの金型を加工して量産したらしく、二度とこの試作車モデルが生産されることはなくなった、と言われています。タミヤのST205プラモデルみたいなものですね。
画像
画像
画像

ヘッドライトも試作車のままで、量産車モデルと並べると確かに同じです。また、同じ顔の200系も並べてみると釣り目のままです。何をどこまで流用できているんでしょうねえ。
床板を見ると品番刻印もそのままなので、これはそっくり流用しているようです。
画像
画像

100系量産車は発売当時買っていたようです。「ようです」というのがボケまくりですが、確か買ってあったよな・・・と思って引っ張り出しましたw。この量産車も当時増結車はなく、300系も当初出なかったと記憶しています。説明書にも記載はありません。ちなみに、ケース表ラベルの裏側が取説の時代です。
画像
画像

200系は増結あった気がします。100系顔の2000番台も増結セットが用意されていました。さすがに2階建て車は同じものを2両になりました。数年前に再生産されましたが、さすがに今は全部作るのかな。ちょうどその頃に、中古で旧製品の二階建て車買ったな、やたら安かった。
画像
画像

新幹線の模型、案外持ってて自分でびっくりしました。400系やE1系Maxは覚えてましたが、E2系、E4系も持ってて、いつ買ったっけなと思ってみる。たぶん発売時です。200系の発売時フィーバーは忘れがたく、一度は持ったけど手放したカトーの8800円の4両セットとか最近になって探して入手したのは覚えてます。数年前にも再生産されて、セットは買えずにAssyで先頭だけ組んで、鉄博モデルとで背中合わせにつないで並べて、試験車みたいだと笑ってみたり、おかげでえらく安く中古があふれた旧モデルで12両編成仕立てたりね。トミックスの200系は222の先頭連結仕様セットがあるかな。増結中間車あったっけな。100系とで増結手に入るかな。
0系もカトー・トミックス両方持ってないから、この際探そうか。カトーの100系グランドひかりもいいよね。マイクロエースやトミックス現行モデルは高すぎて無理っすわ。笑って買えないと楽しくないし。
画像
画像

やってはならない無駄遣い。カトーのDD13.、神岡鉄道色と鹿島臨海鉄道色の2両セット。ウォッチリストにいて、終了当日になっても3000円程度なので、落ちたら面白いなと8000円入札。見えてるのか?と思うような7850円で終了。100系に続いて、落ちちゃったよwと思った。
ちょうど一年前に神岡は入手しています。鹿島臨海もすぐ後に。暫く探し続けていた物だったのでアツくなりましたが、いまそれがあのときよりもえらく安い値段で手に入っちゃいました。去年のはなんだったんですかねw。
しかし、二つあっても仕方が無いのです。うっかり落としちゃっても、転がせば(転売)いいやと軽い気持ちでしたが、どうしてくれようかと。とりあえず重連にしてみた。贅沢ですねw。
画像

ご存知だろうか?GMの国電用前面パーツセット。なんとなく買ってきた。昔作ったはずのクモユ141が見当たらず、仕方ないから作り直そうかと。クモユ141、203系、70系/80系木枠窓、105系の前面だけが2つずつのパーツ。小田急9000系キット用に8000系前面とクーラーに2400前面付きパーツが出たのも同じ頃で、こういうのもっと出るのかな?と期待していたけど以後一切現れなかった。クモユ141はクモユニ82キットの説明書に改造ガイドが載るほど知られた御手頃改造例ですね。
画像
画像

GMの113系キットでつくりかけている115系中央線の相方にとクモユニ82キットが買ってあって、カトーからクモニ83800がでたときに82800を低屋根で作って組み込もう!と床下パーツやカプラー、屋根板も調達したのにあっさりカトーから出ましてねw。それでもGM車にと思ってたのに、500円のジャンクでとんでもないのを拾ってしまい、これにはどうやっても勝てないわwwということで、キットが浮いてた。で、クモユ141です。いやー、作ったはずなんだけどね。一緒にいるのはクモユ143です。クモユニ82がベースではありますが側板だけで、カトーのクモニ143と組み合わせてあります。プラペーパーを使ったところがあって変形してるのはお戯れと言うことで。鉄コレのシークレット引いたから、こいつのリメイクは今後ありませんw。しかし、そのシークレットだったためにクモヤ145を持っていません。入手も難しい。ケースにいた無塗装のが2つあるので自分で塗るかなと思いつつ、ケースから出してもらえないかわいそうなやつですw。青と茶で二種類作りたいですね。
画像
画像

ちらっと写っている100系試作車のパンフは、当時どこかでもらってきた物です。現物があるはずなのですが見当たらず、スキャナを買った時の試したデータをプリントアウトした物です。サロンエクスプレス東京のもあったはずなんですよね、まだ欧風客車としか書かれていないイラストのパンフ。
100系試作車にある赤のNSマークと言われるマークは「NEW SHINKANSEN」の頭文字です。日本国有鉄道新幹線総局というのが物々しいですよ。1985年3月のものらしいです。
画像
おまけ
レインボー色のEF65とEF81
スーパーエクスプレスレインボーお披露目展示
画像
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 13
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
いやクーラー無いと死にまっせ。この異常な暑さは。電気代に怯えております(冷汗)
あの頃の憧れや思いが溢れてくるメンツですな。100系新幹線は西の人間としては、V編成グランドひかり!270kmでぶっ飛ばして欲しかったなー。E851はスケールで再設計生産するのかな?好きな機関車です。単機なら大きくても良いのですが、重連したり今の新製品と並べるなら、スケールにして欲しいような、、、現行のは、Amtrak塗装にして再販を!119系がKATOからでるなんて思いもしませんでした。荷電のキットは楽しいです。1輌だから作るの気楽だし。ただ、屋根の配管のモールドがあると嬉しいのですが、、、スケールがちょっとデカいので、相棒に懐かしの一体ボディの115系辺りも欲しくなってしまいます。走らせれば気にならないですが。
しなのマイクロは、食パン形状の車両はそこそこ良さげですね。曲面多用の前面の車両を作り出してから乱れ始めてる印象。小さい前面のプレス加工?やジグでの塗装が難しくて、職人さんもこの程度でOKでるならといい加減になっていたとか想像してしまいます。157系は欲しかったな。KATOさんもう一度リニューアルしてくれないかな。顔を。
天川村に行かれたのですか。中学生の頃(なおさんの一つ年下です)だったか家族であの神社へ阪神間からえらい時間をかけて行ったという記憶だけが残ってます。鉄道も無いとこなので、あの頃は退屈なだけだったのかな。
 いやー楽しい。書ききれないなー
暑さでノビール_| ̄|○
2018/08/10 18:13
だいぶ時間が過ぎて涼しくなってしまいましたw。
いまはよほど新規で模型を起こすのが簡単になったらしく、新製品がほいほい出て困ります。出たとき買わないと手に入らないのも気に入りません。
100系新幹線は実物も模型も短命だったような印象です。カトーのグランドひかり揃えてみたくなってきましたよw
荷電は単体で楽しめるのが最大の魅力ですよね。昔高崎線で荷電だけの4〜7両編成が毎日走ってて、それの再現も愉快です。GMのが今でも売っているのはすばらしい事だと思います。なのにあそこの完成品はちっとも欲しくなりません。
しなのマイクロのは157系が最高傑作でしょうか。117系183系阪急で、なめてんのか?という駄作を生んでしまい、東武で仕上がりは良くなったものの、金属製製品は途絶えてしまいました。もうちょっとちゃんとつくってくれれば、エンドウみたいな眺めてても楽しい模型になったでしょうにと思います。
天川村は、そちら方面からでも遠いのですねww。四日市スタートでも遠かったですからね、車でも大変そうです。
今でも何も無いところでしたよwww。それを堪能しに行ってきました。また行って、本当に何もしない日をすごしたいと思ってます。あの神社行ってませんしね。
あの変の小さな神社でもみつけて境内の木陰で冷たい水でも飲んでみたいです。
なを@さいとう
2018/08/20 22:41

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
なぜ今これを買った?な、Nゲージ無駄遣い Pの小屋 Blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる