Pの小屋 Blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 青い西武線を追ってリベンジで静岡県へ! 4

<<   作成日時 : 2017/09/13 16:56   >>

ナイス ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

<大井川鐵道SL急行かわね路号で新金谷駅に戻ってきたところからのつづきです>
16:09、新金谷駅に到着。19分発の接続電車に乗れば24分には金谷駅に着いて、東海道線にに乗れます。しかし、私はSLに乗るのと、西武線を見に来たのです。なに言ってんだこいつ?とお思いでしょう。仕方ないのです、旅の目的は西武線なのですw。SLはついでなのですww。
大井川鐵道には西武鉄道からの譲渡車がわりと多い方で、371系、351系、501系が比較的記憶に残る車両で、そのうち3両がSL客車用に残っていて、電気機関車のE31も3両来ています。せっかく西武線を見に三島まで来たついでにここまで足を伸ばしました。SLに乗りたいのもありますし、西武線つながりでもあるし。
画像
画像
画像

まず、新金谷駅ホームから見えた3両から。まさか西武線が展望客車になるとは思いも寄りませんでしたw。スイテ82 1。501系の中間車サハ1501からの改造車です。知っていれば元電車に見えますけど、知らなければこういう客車なんだと思うだけですね。元々3扉車ですがその跡は全くなくw、窓が付いています。車端の片側は展望デッキ、もう片方は出入り口デッキでドアが付きました。展望車なので、白帯入りです。
青帯のは同じくサハ1501から改造のお座敷車ナロ80 1。元のドアを埋めて片車端にデッキを設けたのはスイテと同じですが、真ん中以外のドア跡に付けられた窓が他と不揃いで戸袋窓だったところは固定窓なのが改造の痕跡で見えるのが面白い。
同じく青帯のお座敷客車ナロ80 2は501系ではなく、351系の中間車サハ1411形が種車。351系と一緒に大井川にやってきて、先頭車と同じく真ん中のドアを埋めて2扉化、レッドアローのシートを付けた素敵な車両だったそうで。そのサハを抜いてお座敷客車に改造したもので、ウインドシル・ヘッダーが残るグロベン装備のいかにも元電車みたいな客車です。
辛うじて501系の活躍時を知っている私から見ると、細い窓サッシの桟とかが西武線らしい車両だなと思えます。
画像
画像
画像

駅を出ると、結構な人々がSLから降りていったように思いますが、さあっと人がいなくなっています。観光バス組はさっさと去ったようです。駅前のプラザロコもがらんとしてる。
駅から見える車庫の様子が見たくて、観光バス駐車場の向こうまで行ってみようと歩いていると、C56が通り過ぎる。転向するのかな?と思うも、先に見える転車台にはC12164が鎮座している。
画像
画像

C12を奥にでも押しやって転向するのかと思ってたら、連結して引っ張って行き測線に置き、戻ってきて転向しだしたw。
画像
画像

千頭駅のは手動でしたが、ここのは電動です。思っているよりも豪快にターンテーブルにのり、ゆっくりと回転し始めますが、動作警告のためだと思われる音楽が、デパートや遊園地の遊具みたいな暢気な曲でちょっと笑う。
画像
画像

そしてまたC12を向かえに行き、転車台に乗せて入れ替えは終わります。これをずっと見ていたのはこの時は私だけでしたw。
ここまで、千頭駅の入れ換え・転向も、全くの偶然で全部見て回っていますが、転向のおおよその時刻がサイトにちゃんと書いてありますw。
画像
画像

肝心な車庫ですが、ターンテーブル側からはあまり様子がうかがえないので線路の反対側へ移動します。駅舎を通り過ぎて、踏切を渡って向こう側へ。乗ってきた客車はいつの間にか測線に移動していて、ナロ802はホームから見えなくなってた。
画像
画像

線路に沿うように住宅街を歩き、小学生の遊んでいる公園から車庫を眺めて喜ぶ。途中、さっきの留置客車編成の反対側が見えた。初めてトーマス客車の顔を拝めたw。編成の両端に機関車が付いてしまっていたので、ほとんど客車の顔が拝めていません。
車庫というか、工場にはホームからも見えた電車とかがいっぱいいる。両運化した東急7200系も私には目新しいですが、なにより目玉はE31です。工場脇にE32と33がいるのは見えていた。このときE34は整備入庫中なのはどこかで聞いて知ってはいた。姿を見られて、整備進行中でそのうち走るであろう事がわかってちょっと嬉しい。
画像
画像

休車札を掲げたズームカーも見える。もはや部品取り車にしか見えないのが寂しい。
E31同様に、運ばれては来たものの走り出さない車両がもう一つあります。北海道から来た14系客車ですね。
画像
画像

急行はまなすで使われていた500番台車が4両来ています。3両はきれいになっていますが、1両だけ未整備のままで線路の上に置いてあります。あとから整備の決まった東武のSL列車用12系14系よりも時間がかかっていますね。どれも古い車両ばかりですから、整備には相当手間暇がかかるのでしょう。工場も、これだけ?と思うような面積ですし。
この時点で17時くらいです。あとは宿へ移動するだけではあります。今度の金谷行き電車は18時前。その気になれば金谷駅まで歩いて1.5qほど、逆方向へ歩いてきているので足して2qくらいでしょうか。だったら電車待つかな。スマホで検索すると、島田駅行きのバスがあります。新金谷駅も経由するバスですが、大井川の袂のバス停の方が近かったのでその東町バス停まで歩き、17時半前のバスに乗って15分ほどで島田駅に到着。しずてつジャストラインとか言う聞き慣れないバスですがこの辺ではメジャーっぽい。240円だった。Suicaは使えない。本数はあまり多くなく、60分以上間隔が開いています。このバスの始発点は金谷駅なので、それも使えるかもしれませんね。
画像
画像

何の気なしにバスを待っていたのが実は東海道で、大井川を渡ったあたりには島田軌道の廃線跡があったらしい事に、帰ってきてから気がついた。ただぼーっとバス待って乗ってたよw。
島田駅は仕事で来たことがあるような無いような。駅前もさほど面白くないのでさっさと駅へ。窓口で大宮までの切符を買う。4000円。あれ?大宮〜金谷で4430円、島田〜金谷が190円。なんだそれw。まあいい。
17:55発の静岡行き211系に乗る。18:21静岡駅着。もちろん座れない。
画像
画像

静岡駅で、なんとなくホームライナーの券を買う。320円。ちょっと時間があるのでホームの立ち食いそばを食う。なんだったっけな?肉とおろし生姜がのったやつ。
19時発ホームライナー沼津6号に乗ります。結構早めに入線してきて、さくっと席に座っていられるのがいい。
画像
画像

ぱっとしないけど寝るには快適な373系で爆睡w。40分ほどで沼津駅着。宿はここ沼津にとってあります。が、いったん三島に行きます。
画像
画像

ちょっと寄り道を考えたんですが、そういえばホテルの予約を20時着でした気がして、三島駅でトンボ帰りをする。念のためにホテルには連絡をして、20:15沼津駅に戻ってきた。
またいつものロイネットホテルぬまづ。今回は普通の部屋だった。さっきそばは食べましたが、全く足らないので向かいのコンビニで酒と一緒に買い込んでコンビニ飯を食べる。三島、沼津の駅弁も期待したけどさすがに閉まってた。
翌日の予定はおおむね決めていたので考えることもないし、疲れて結構早く寝た気がします。
画像

画像

朝けっこう早く目が覚める。年かな。5時過ぎ、カーテン開けると駐車場が見えるんですが、一台の車が入ってきて屋上で駐まり、三脚担いで降りてきて駅に向かってカメラを向ける人物が。サンライズでしょうかね。まさか背後から見られているとは思いも寄らなかったでしょうw。
画像
画像

8時過ぎチェックアウト、私にとっては面白くも何ともない上野東京ライン小金井行きで三島へ。
画像
画像

8時半過ぎ、三島駅着。
さあ、ここからがこの旅の本番ですよ!




ローカル女子の遠吠え【電子限定版】 3巻 (まんがタイムコミックス)
芳文社
2017-08-07
瀬戸口みづき

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ローカル女子の遠吠え【電子限定版】 3巻 (まんがタイムコミックス) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
ナイス ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
青い西武線を追ってリベンジで静岡県へ! 4 Pの小屋 Blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる