Pの小屋 Blog日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 念願の向瀧に独りで行ってきた 4

<<   作成日時 : 2017/05/17 23:13   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

<会津若松 東山温泉の旅館 向瀧でふやけてからの帰路、会津鉄道会津田島駅乗換からのつづきです>

13:13発、普通・新栃木行きの6050系に乗ります。
当初考えていた予定では、会津田島を15時頃発の列車で考えていました。芦の牧温泉駅で早く乗れたら、AIZUマウントエクスプレスで鬼怒川温泉まで一気に行けるな、とも考えてはいた。その一本前の電車に乗れているので、ならば会津高原尾瀬口駅でちょっと降りてみようかと。
画像

な〜んにも考えていませんw。売店があると言うことは調べてはあったが、それくらいしか情報はとっていない。そば屋もあるらしいけどね。
13:34、会津高原尾瀬口下車。
画像
画像

私と、高校生らしい女の子が降りただけ。構内踏切を渡らないと駅舎に行けないが、なぜか電車はわざわざ右側の線路に走って踏切を支障して停車する。意味わかんない。駅員さんがひとりだけで、駅舎側で立っている。フリーパスを見せながら駅舎に入る。まるっきり山小屋の雰囲気です。雪の付いた靴で歩いて塗れた床、石油ストーブ、人が動く以外音のない空間。好きだったりしますw。
次の電車まで40分ほどしかありません、さくっとあたりを見て回る。
画像
画像

駅舎を出ると屋根が続いて正面に駐車場へ続く通路がある。右手は多分道が続いているものと思うが、雪でさっぱりわからない。生そば コーヒー 軽食 高原茶屋ふるさと、と看板にあるお店が見えるがやっていない。そういえばここでそば食べられるって見た気がする。
通路への屋根があるせいで、駅舎全容が全く見えない。
画像
画像

スキー場へのアクセス駅になるらしいです。通路を進み階段を下りると売店があるがいったん通過、外へ出てみる。
画像
画像

駐車場があるだけですw。売店のある三角屋根の建物は、会津高原プラザ憩の家、って書いてある。バスやタクシーの乗り場もあったようだが、確認していない。あまりの何もなさにすぐ建物に入っちゃったww
たかつえスキー場のポスターがこれまた萌え絵系で苦笑いが出てしまう。悪くないとは思うが、寒そうな格好だねえw。この時名前を募集していましたが、このあと決まったようですよ。たかつえきらりさんだそうです。にょわー☆
画像
画像

お店を覗いてみる。客はいない。おじさんとおばさんが店守をしている。奥は軽食コーナー。そばがあるのを発見。ラーメン食ったけど、蕎麦は別腹です。恋路茶屋とある。スキー場らしいやや高めの値段設定。カウンター脇にある、三種合体麺なる、そば・うどん・ラーメン三種盛の物体が気になりますが、うどんとラーメンは別腹ではないのできのこそばを頼んでみる。800円。
画像
画像

荷物持って歩いているからか、時間からか、電車で来たのがわかるようで、「何時の電車に乗るの?」と聞かれた。次の上りだと言うと時刻表を見て間に合うねと教えてくれる。
食べるところも山小屋風で私は好き。中坊の頃は山岳部員でしたからね。かっこよくも感じます。
しかし、そばです。食べ始めて、「ん?」と思う。ひとくちめは普通なのですが、以降味がしないのです。疲れてるのかな?とか思うほどに味を感じない。そんな感想をどこかのクチコミで見た気がする。ここだったかな。不味くはない、いや、わからないww。不思議な経験でした。
画像
画像

駅に戻って待合室で座って待つ。石油ストーブと、駅員さんが事務室で動く音しかしない。次の電車は14:19発のAIZUマウントエクスプレス。それで帰ると、新藤原か鬼怒川温泉で区間快速に乗り換え、春日部に17:30着、大宮に6時前には着く。AIZUマウントエクスプレスは鬼怒川温泉駅でスペーシアきぬがわに接続していて、それに乗ると大宮駅16:45着です。区間快速でも座って行けるでしょうけれども、野田線がもう面倒くさいのですねw。一時間早く着くし、もうそれで良いやと窓口で特急券買えるか聞いてみた。ふつうに買えるそうなので頼んだら、どこかに電話問い合わせで席を取るんですねえ。手書きの特急券を出してもらう。2060円。東武線のフリーパスなので、栗橋からのJR乗車券も出してもらおうと思ったら、出来ないから車内か大宮駅で頼むと言われた。
画像
画像

あとからお父さんに車で送ってもらってきた女性も特急券を買っていた。改札が始まるとお父さんは帰っていき、私と二人だけがホームへ。
ホーム脇のゆったり会津東武フリーパスの看板がけっこう年期入っている。昔からあるんですね、この切符。転車台のようなものも見えた。東武のSL、ここまで来れるんじゃね?
画像
画像

14:19、AIZUマウントエクスプレス6号発車。当然、リクライニングシートの方に乗る。電化区間だけど、ディーゼルカーで直通する素敵な列車。
うとうとしているうちに15:02鬼怒川温泉駅に到着。スペーシアの乗り継ぎは3分しかない。ホーム向かいにいるとは言え、慌ただしい。
15:05スペーシアきぬがわ6号発車。
画像
画像

雪も見えなくなり、仕事でもたまに来る区間だけに、帰ってきた感がちょっと湧いてくる。下今市までは単線でもあって遅い。検札が来たときに乗車券の話をしたら、栗橋からJRの乗務員が乗ってくるからそこでとのこと。
下今市では転車台他SL運転の為の準備真っ最中だった。
栗橋からJRに入って、車掌さんがわざわざ来てくれた。乗車券500と聞いて栗橋ってなにげに遠いんだなと思ったw。
踏切支障の警報があったとかでちょっと遅れる。雨降ってるのに線路脇には三脚が目立つ。何か来るのか?
画像
画像

5分ほど遅れて大宮駅に到着。雨が普通に降っていて、傘を持っていないのをどうしようかと思いながら階段へ向かっていたら、3番線に「列車が通過します」の表示。なんぞや?と思ってたらEF65PFが来る。
画像
画像

機関車の回送らしく後ろにはやや色味の違うEF65と、EH500が連なってた。さっきの三脚さんはまさかこれじゃないよね。
傘は買わずに濡れながら帰った。18時前無事帰宅。
画像

会津若松駅で買った駅弁は、夕飯にしました。会津蔵出弁当。ウェルネス伯養軒の駅弁です。1200円。会津塗のシールがあるプラスチック製2段重で山菜栗めしとおかず。おかずも多彩で素敵。会津田島で買ったのもなかなかに良かった。郡山の福豆屋というお弁当屋さんのも好きで、福島県の駅弁冴えてるなと思う。
画像

・ゆったり会津東武フリーパス(大宮発) 6980円
・スペーシアきぬがわ特急券 2060円
・JR乗車券;栗橋〜大宮 500円
・街中周遊バス 210円×3
・向瀧 1泊2食お気軽プラン 17280円
・入湯税 150円
・ルームチャージ(1人泊料金) 5400円
・さざえ堂 400円
・会津武家屋敷観覧券 850円
計)34250円(飲食除く)
画像

てなわけで、3ヶ月以上かかってしまいました。たいした無いようでもないのにお待たせしてしまって申し訳ないです。
この春に東武鉄道の特急リバティが運行を開始して、野岩鉄道、会津鉄道直通の特急が出来ました。代わりに区間快速・快速が消滅しているので、多少の所要時間短縮はあるようですが特急料金がかかるようになっています。このときにダイヤの改正があったため、ここで書いた時間とはまったく合致しなくなっていることをご承知置きいただければと存じまする。
向瀧、いいんですよ。すきです。またお金ためて行きたいです。そうちょくちょく行けるお値段ではないですw
私が行ったのは2月ですが、4月頃に女将さんが療養のためにお休みされてしまったようです。またお会いできればと思います。
画像

リバティ運行開始前に、いつものお客さんとへ行くのに区間快速に何回か乗りました。いつものように電車待ちの間に来た区間快速を撮って遊んでましたが、来年からは特急なんですねぇ。
下今市のSL設備もだいぶカタチになってきてました。転車台用のアントらしき軌陸車が面白いですよ。
画像
画像

軌陸で移動方向が90度違うようですww
下今市駅のお弁当やっと買えました。日光名物ゆばちらし寿司。いくらだったかは忘れたw。
画像
画像

なんだかこういう渋いお弁当を好むようになってきましたねえw。おいしかったよ。
画像








【前面展望】AIZUマウントエクスプレス [DVD]
マルティ・アンド・カンパニー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 【前面展望】AIZUマウントエクスプレス [DVD] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
念願の向瀧に独りで行ってきた 4 Pの小屋 Blog日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる